がべーじこれくしょん

技術系とかいろいろ

Wine上のAviUtlにx264guiExプラグインを手動で導入する方法

通常のAviUtlは、出力形式がAVI形式(.avi)一択です。しかし、x264guiExというプラグインを入れることにより、MP4形式で出力することができるようになります。

詳しい説明は以下を参照してください。

aviutl.info

x264guiEx本体のダウンロード

以下のリンクを開き、「ダウンロード」のリンクからファイルをダウンロードしてください。

rigaya34589.blog135.fc2.com

指示に従って、auoフォルダの中に入っているx264guiEx.auox264guiEx.inix264guiEx_stgフォルダの3つを、AviUtlフォルダの中か、プラグインフォルダの中にコピーしてください。

必要なランタイムのインストー

ランタイムは、全て32bit版(x86)をインストールしてください。

インストールの際は、全てexeファイルをダブルクリックし、インストーラーの指示に従ってインストールをしてください。

VC++ 2015 runtime

以下のリンクからダウンロードしてください。

vc_redist.x86.exeというファイルを選択してダウンロードしてください。

Download Visual Studio 2015 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ from Official Microsoft Download Center

.NET Framework 4.5

Download Microsoft .NET Framework 4.5 from Official Microsoft Download Center

x264guiExの利用に必要なファイルのダウンロード

以下のファイルをダウンロード・解凍したら、各exeファイルをAviUtlフォルダの中など、適当な場所に移動してください。

  • x264 (H.264エンコーダ)

以下のリンクからダウンロードしてください。

OSが32bit版の場合にはx86版を、OSが64bit版の場合にはx64版をダウンロードしてください。

https://onedrive.live.com/?authkey=%21ABzai4Ddn6%5FXxd0&id=6BDD4375AC8933C6%214477&cid=6BDD4375AC8933C6

  • qaac (aacエンコーダ)

以下のリンクに飛び、「cabinet」へ進み、qaac_x.xx.zipというファイルをダウンロードしてください。

https://sites.google.com/site/qaacpage/

  • L-SMASH (mp4 muxer, mp4作成時に必要)

以下のリンクからL-SMASH latest.zipをダウンロードしてください。

https://onedrive.live.com/?id=6BDD4375AC8933C6%21404&cid=6BDD4375AC8933C6

x264guiExの確認

AviUtlを起動し、「その他」→「出力プラグイン情報」から、x264guiEx.auoが認識されているか確認してください。

認識されてない場合は、必要なものがインストールされているか、プラグインが正常にAviUtlフォルダやプラグインフォルダに入っているか確認してください。

x264guiExの設定

以降は疲れてしまったので、公式サイトを参照してください(オイ

rigaya34589.blog135.fc2.com